コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

早川弥五左衛門 はやかわ やござえもん

2件 の用語解説(早川弥五左衛門の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

早川弥五左衛門 はやかわ-やござえもん

1819-1883 幕末-明治時代の探検家。
文政2年生まれ。越前(えちぜん)(福井県)大野藩士。安政3年(1856)藩命により内山隆佐(たかすけ)の蝦夷(えぞ)地探検に随行し,さらに翌年樺太(からふと)にわたり7年間屯田をこころみた。明治3年樺太開拓使権(ごんの)参事。明治16年11月16日死去。65歳。名は武英。字(あざな)は文雄。号は寛斎,釣叟。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

早川弥五左衛門

没年:明治16.11.16(1883)
生年:文政2(1819)
幕末の越前(福井県)大野藩士。名は武英,字は文雄,号は寛斎。嘉永4(1851)年内山隆佐の後任として西潟5000石の代官となる。安政3(1856)年の探索以降,大野藩の蝦夷地関係の事務を内山と共に行う。安政5年以降,大野藩の樺太開拓の中心となる。文久3(1863)年,日露の争点となったトコンペ事件を処理。翌年樺太開拓などの功により目付,北蝦夷地事務総督代理に就任。明治維新の際,精英技隊頭取となる。明治3(1870)年に開拓使権参事となるが翌年辞任し,北海道への移住を企図するが失敗,教員となる。

(麓慎一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

早川弥五左衛門の関連キーワード大野雨森牛南岩井晩香内山七郎右衛門内山隆佐土井利知土井利寛松平直良横田莠吉田拙蔵

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone