コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文雄 もんのう

11件 の用語解説(文雄の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

文雄

学僧・音韻学者。丹波生。俗姓中西、字は豁然、号は無相・尚絅堂・蓮社。太宰春台に音韻学を学ぶ。27才以後、京坂の寺に住し、講話・著述活動に励む。韻書『磨光韻鏡』はのちの研究に大いに利用された。この他『和字大観抄』『韻鏡律正』等著書多数。宝暦13年(1763)寂、64才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ぶんゆう【文雄】

もんのう(文雄)

もんのう【文雄】

[1700~1763]江戸中期の浄土宗の学僧。丹波の人。俗姓、中西。音韻学・天文学に通じた。著「磨光韻鏡」「三音正譌」「和字大観抄」。ぶんゆう。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

文雄 もんのう

1700-1763 江戸時代中期の僧。
元禄(げんろく)13年生まれ。浄土宗。京都了蓮寺の誓誉に師事。江戸の伝通院でまなぶかたわら,太宰春台(だざい-しゅんだい)について中国音を研究,音韻学の書「磨光韻鏡」をあらわす。のち了蓮寺住職。宗学では「蓮門類聚経籍録」,富永仲基に反論した「非出定後語」などをのこした。宝暦13年9月22日死去。64歳。丹波桑田郡(京都府)出身。俗姓は中西。号は無相。

文雄 ぶんゆう

もんのう

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

文雄

没年:宝暦13.9.22(1763.10.28)
生年:元禄13(1700)
江戸中期の仏教天文学須弥山説擁護の先駆的論客,また音韻学者。無相子の名で知られる。丹波国桑田郡(京都府)の生まれで俗姓中西,14歳で宮脇村玉泉寺の鏡誉について剃髪し,まもなく園部の教伝寺の交誉に仕え,さらに京都了蓮寺の誓誉に従った。その後江戸に出て和漢の教籍を渉猟し,中国語学も学んだ。西洋天文学を伝える『天経或問』の説の普及で,地球説が広まるにつれ,須弥山説に対する批判が強くなると『非天経或問』『九山八海解嘲論』を著し,素朴な反論を展開して須弥山説擁護の先陣に立った。

(内田正男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ぶんゆう【文雄】

もんのう【文雄】

〔「ぶんゆう」 「もんおう」とも〕 (1700~1763) 江戸中期の浄土宗の僧。丹波の人。字あざなは僧谿、俗姓は中西。音韻・天文の学に通じ、とりわけ「韻鏡」の研究に功があった。著「磨光韻鏡」「三音正譌」「和字大観抄」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

文雄
ぶんゆう

「文雄 (もんのう)」のページをご覧ください。

文雄
もんのう

[生]元禄13(1700).丹波
[没]宝暦13(1763).大坂
江戸時代の語学者。僧侶。太宰春台について中国語を学び,その知識をもとに『韻鏡』を研究し,『磨光 (まこう) 韻鏡』 (2巻,1744) で韻鏡研究に一時期を画した。漢字音の研究には,また『三音正譌 (せいか) 』 (2巻,52) など多くの著作がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

文雄
もんのう
(1700―1763)

江戸時代の音韻学者。丹波(たんば)国(兵庫県)に生まれる。俗姓中西、字(あざな)は僧谿(そうけい)。天文学などにも造詣(ぞうけい)が深かったが、業績の中心は『磨光韻鏡(まこういんきょう)』(1744)を中心とする『韻鏡』研究であり、その後の『韻鏡』研究や「字音仮名づかい」の研究などに大きな影響を与えた。著述は50余部に及ぶが、ほかのおもなものとして『字彙荘嶽音(じいそうがくおん)』『経史荘嶽音』『広韻字府』『三音正譌(せいか)』『磨光韻鏡後篇(へん)』『同余論』などが公刊された。[沼本克明]
『満田新造著『韻鏡研究史上に於ける文雄の位置』『文雄の韻鏡南方音説を評す』『文雄の字彙荘嶽音に就て』(『中国音韻史論考』所収・1964・武蔵野書院)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

文雄の関連キーワード蝦夷志弥山円通須弥環中中谷桑南霊遊須弥山石須弥山宇宙観須弥山図

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

文雄の関連情報