(読み)あさひ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

旭(愛知県)
あさひ

愛知県中北部、東加茂郡(ひがしかもぐん)にあった旧町名(旭町(ちょう))。現在は豊田市(とよたし)の北部を占める一地区。1906年(明治39)成立の旭村が1955年(昭和30)岐阜県恵那(えな)郡三濃(みの)村の一部を編入、1967年町制施行。2005年(平成17)豊田市に編入。矢作川(やはぎがわ)上流に位置し、中心は小渡(おど)。愛知高原国定公園の一部で、小渡、笹戸(ささど)、榊野(さかきの)温泉もあり、愛知県旭高原少年自然の家、ゴルフ場などもある。米作のほか、特産にジネンジョ(自然薯)がある。杉本の貞観(じょうがん)スギは国の天然記念物。1970~1971年には矢作ダムや発電所、1981年には奥矢作揚水発電所もできた。豊田市街方面への通勤者が多い。[伊藤郷平]
『『旭町誌』全3巻(1980~1982・旭町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

旭の関連情報