コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

昌琢 しょうたく

世界大百科事典 第2版の解説

しょうたく【昌琢】

1575?‐1636(天正3?‐寛永13)
江戸初期の連歌師。姓は里村,名は景敏,号は懐恵庵,拝北庵,竹庵。京都の人。昌叱(しようしつ)を父とし紹巴(じようは)の娘を母として名門里村家に生まれ,南家の2代目を継いだ。1608年(慶長13)法橋となり,26年(寛永3)後水尾上皇より古今伝授を受けた。門人に宗因重頼ら有数の俳諧師もいる。寛永13年2月5日没。享年62(または63)歳。〈衣をるしづはた山か雲かすみ〉(《昌琢句集》)。【乾 裕幸】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

昌琢の関連キーワード里村昌通斎藤徳元灰屋紹由富永燕石松江重頼木瀬三之井田昌胖木瀬随宜里村昌俔里村祖白里村昌程里村玄的里村昌琢西山宗因類題集花の本徳元皆虚寛佐

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android