コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

里村 サトムラ

大辞林 第三版の解説

さとむら【里村】

むらざと。

さとむら【里村】

姓氏の一。
江戸時代の連歌師の家。里村昌休(1510~1552)を祖とする。昌休没後、南家(昌叱しようしつ系)と北家(紹巴じようは系)の二家に分かれ、幕末に至るまで幕府に代々仕えた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の里村の言及

【中之島】より

…御岳(おんたけ)(979m)を最高点とする火山島で,切り立った海食崖が発達する。西岸の里村に中之島港と村役場支所がある。平地は島の中央部にわずかにあるにすぎないが,列島中では最もよく水田,畑地,牧草が発達し,サツマイモの生産と肉牛の飼育が営まれる。…

※「里村」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

里村の関連キーワードSENDAIGIRLS'PRO薩摩川内[市]町田 菊次郎東郷[町]松田 与吉辻村 乙未伊東伝兵衛樋口 松平美木 行雄閑谷学校甑島列島里村昌休其阿上人江戸時代土橋宗静里村紹巴里村玄仲和田正重白の条件小美玉市

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

里村の関連情報