コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

里村昌琢 さとむら しょうたく

デジタル大辞泉の解説

さとむら‐しょうたく〔‐シヤウタク〕【里村昌琢】

[1574~1636]江戸初期の連歌師。名は景敏。紹巴没後の連歌界の第一人者となった。門人西山宗因らがいる。著「昌琢句集」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

里村昌琢 さとむら-しょうたく

1574-1636 織豊-江戸時代前期の連歌師。
天正(てんしょう)2年生まれ。里村南家の里村昌叱(しょうしつ)の長男。母は里村紹巴(じょうは)の娘。元和(げんな)3年徳川秀忠より100石をうけ,連歌の家を保証された。寛永3年後水尾天皇から古今伝授をうけ,5年幕府連歌の宗匠,のち法眼。寛永13年2月5日死去。63歳。名は景敏。別号に懐恵庵,拝北庵。編著に「類字名所和歌集」,句集に「昌琢句集」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

里村昌琢

没年:寛永13.2.5(1636.3.12)
生年:天正2(1574)
連歌作者。名は景敏。号は懐恵庵など。安土桃山時代の連歌作者昌叱の子。母は紹巴の娘。里村南家を継いだ。慶長13(1608)年,35歳で法橋に叙す。元和3(1617)年8月将軍徳川秀忠より采地100石の御朱印を受け,連歌の家としての保証を得る。寛永3(1626)年後水尾天皇から古今伝授を受け,同5年御城連歌に勤仕し,宗匠となる。同9年法眼。連歌界の第一人者で,斎藤徳元,松江重頼,西山宗因らの有名俳人もその門下。編著『類字名所和歌集』ほか。<参考文献>小高敏郎『ある連歌師の生涯』

(加藤定彦)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

大辞林 第三版の解説

さとむらしょうたく【里村昌琢】

1574~1636) 江戸初期の連歌師。本名、景敏。母は紹巴の娘。幕府連歌師として活躍した。門弟中に、斎藤徳元・松江重頼・西山宗因らがいる。著「昌琢句集」「類字名所和歌集」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

里村昌琢
さとむらしょうたく

[生]天正2(1574)/天正3(1575).京都
[没]寛永13(1636).2.5. 京都
江戸時代前期の連歌作者。昌叱 (しょうしつ) の子。名,景敏。別号,懐恵庵,拝北庵,竹庵。当代連歌界の重鎮で,花の本 (もと) 宗匠となり法眼に叙せられた。西山宗因,松江重頼などの俳人にも影響を与えた。主著『類字名所和歌集』 (1617) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の里村昌琢の言及

【昌琢】より

…江戸初期の連歌師。姓は里村,名は景敏,号は懐恵庵,拝北庵,竹庵。京都の人。昌叱(しようしつ)を父とし紹巴(じようは)の娘を母として名門里村家に生まれ,南家の2代目を継いだ。1608年(慶長13)法橋となり,26年(寛永3)後水尾上皇より古今伝授を受けた。門人に宗因,重頼ら有数の俳諧師もいる。寛永13年2月5日没。享年62(または63)歳。〈衣をるしづはた山か雲かすみ〉(《昌琢句集》)。【乾 裕幸】…

※「里村昌琢」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

里村昌琢の関連キーワード里村昌程里村昌俔里村昌通灰屋紹由木瀬三之富永燕石里村祖白木瀬随宜類題集徳元皆虚寛佐