コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

里村昌琢 さとむら しょうたく

6件 の用語解説(里村昌琢の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

里村昌琢

江戸前期の連歌師。里村南家の初代。祖父は昌休、父は昌叱、母は紹巴の娘。初名は景敏、別号に懐恵庵・拝北庵等。法眼に叙せられ、後水尾院から古今伝授を受けた。寛永13年(1636)歿、62才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さとむら‐しょうたく〔‐シヤウタク〕【里村昌琢】

[1574~1636]江戸初期の連歌師。名は景敏。紹巴没後の連歌界の第一人者となった。門人に西山宗因らがいる。著「昌琢句集」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

里村昌琢 さとむら-しょうたく

1574-1636 織豊-江戸時代前期の連歌師。
天正(てんしょう)2年生まれ。里村南家の里村昌叱(しょうしつ)の長男。母は里村紹巴(じょうは)の娘。元和(げんな)3年徳川秀忠より100石をうけ,連歌の家を保証された。寛永3年後水尾天皇から古今伝授をうけ,5年幕府連歌の宗匠,のち法眼。寛永13年2月5日死去。63歳。名は景敏。別号に懐恵庵,拝北庵。編著に「類字名所和歌集」,句集に「昌琢句集」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

里村昌琢

没年:寛永13.2.5(1636.3.12)
生年:天正2(1574)
連歌作者。名は景敏。号は懐恵庵など。安土桃山時代の連歌作者昌叱の子。母は紹巴の娘。里村南家を継いだ。慶長13(1608)年,35歳で法橋に叙す。元和3(1617)年8月将軍徳川秀忠より采地100石の御朱印を受け,連歌の家としての保証を得る。寛永3(1626)年後水尾天皇から古今伝授を受け,同5年御城連歌に勤仕し,宗匠となる。同9年法眼。連歌界の第一人者で,斎藤徳元,松江重頼,西山宗因らの有名俳人もその門下。編著『類字名所和歌集』ほか。<参考文献>小高敏郎『ある連歌師の生涯』

(加藤定彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

さとむらしょうたく【里村昌琢】

1574~1636) 江戸初期の連歌師。本名、景敏。母は紹巴の娘。幕府連歌師として活躍した。門弟中に、斎藤徳元・松江重頼・西山宗因らがいる。著「昌琢句集」「類字名所和歌集」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

里村昌琢
さとむらしょうたく

[生]天正2(1574)/天正3(1575).京都
[没]寛永13(1636).2.5. 京都
江戸時代前期の連歌作者。昌叱 (しょうしつ) の子。名,景敏。別号,懐恵庵,拝北庵,竹庵。当代連歌界の重鎮で,花の本 (もと) 宗匠となり法眼に叙せられた。西山宗因,松江重頼などの俳人にも影響を与えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の里村昌琢の言及

【昌琢】より

…江戸初期の連歌師。姓は里村,名は景敏,号は懐恵庵,拝北庵,竹庵。京都の人。昌叱(しようしつ)を父とし紹巴(じようは)の娘を母として名門里村家に生まれ,南家の2代目を継いだ。1608年(慶長13)法橋となり,26年(寛永3)後水尾上皇より古今伝授を受けた。門人に宗因,重頼ら有数の俳諧師もいる。寛永13年2月5日没。享年62(または63)歳。〈衣をるしづはた山か雲かすみ〉(《昌琢句集》)。【乾 裕幸】…

※「里村昌琢」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

里村昌琢の関連キーワード砧音高砧音成紀定麿有心連歌菟玖波集昌琢恵俊重阿山田通孝懐恵庵

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone