コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明は以て秋毫の末を察するに足れども而も輿薪を見ず メイハモッテシュウゴウノスエヲサッスルニタレドモシカモヨシンヲミズ

デジタル大辞泉の解説

明(めい)は以(もっ)て秋毫(しゅうごう)の末(すえ)を察するに足れども而(しか)も輿薪(よしん)を見ず

《「孟子」梁恵王上から》動物の毛の先までも見えるような視力をもちながら、車に積んだ多くの薪(たきぎ)が目に入らない。いくらよい視力があろうと、それを用いなければ役に立たないこと、また、小事に心を奪われて大事を見失うことのたとえ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android