コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大事 オオゴト

4件 の用語解説(大事の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おお‐ごと〔おほ‐〕【大事】

重大な出来事。大きな影響を与える事件。「大事にならずに済む」「そりゃ大事だ」

だい‐じ【大事】

[名]
重大な事柄。容易でない事件。「国家の大事
大がかりな仕事。大規模な計画。「大事を成す」「大事を企てる」
たいへんな結果。非常に心配な事態。「大事に至らないで済む」
出家して悟りを開くこと。
「―を思ひたたん人は」〈徒然・五九〉
[形動][文][ナリ]
価値あるものとして、大切に扱うさま。「大事な品」「親を大事にする」「どうぞ、お大事に」
重要で欠くことのできないさま。ある物事の存否にかかわるさま。「大事な用を忘れていた」「今が大事な時期だ」
大切(たいせつ)[用法]

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

おおごと【大事】

重大な出来事。大事件。大変。 「このことが知れると-だ」 「 -にならずにすんだ」

だいじ【大事】

[1][3] ( 名 )
物事の根本にかかわるような重要なこと。一大事。 ↔ 小事 「国家の-」 「お家の-」
大事業。また、大それたくわだて。 「 -を決行する」 「 -を企てる」
大変な事件。深刻な出来事。 「 -を引き起こす」 「 -には至らなかった」
〘仏〙 出家修行して悟りを開くこと。一大事。 「 -を思ひ立たん人は、去りがたく心にかからん事の本意を遂げずして、さながら捨つべきなり/徒然 59
技芸における真髄。秘伝。 「さて囃子はやしの-には/仮名草子・竹斎」
病気や傷が重いこと。重態。 「いと-にはあらねど/落窪 3
生死にかかわるような危険。 「頼家公御-とならんとき/浄瑠璃・近江源氏」
困難なこと。手ごわいこと。 「修行といふはいか程の-やらん、ためいてみん/平家 5
不都合。さしさわり。 「袴も着ずにこんな形なりで出るも…-あるまいか/歌舞伎・吾嬬鑑」 → だいじない
[0] ( 形動 ) [文] ナリ 
大切なさま。重要なさま。 「命の次に-な指輪」 「 -な話」
[3] 粗末に扱わないよう気をつけるさま。価値を認めて注意深く扱うさま。大切。 「体を-にする」 「部下を-にする」 〔「お大事に」の形で、相手の健康を祈る挨拶の言葉として、病床を辞去したり、手紙文の末尾に書き添えたりする場合に用いる〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大事の関連キーワード一大事案件際会細事重大重大視小事大変手重い願い事

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大事の関連情報