コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大事 オオゴト

デジタル大辞泉の解説

おお‐ごと〔おほ‐〕【大事】

重大な出来事。大きな影響を与える事件。「大事にならずに済む」「そりゃ大事だ」

だい‐じ【大事】

[名]
重大な事柄。容易でない事件。「国家の大事
大がかりな仕事。大規模な計画。「大事を成す」「大事を企てる」
たいへんな結果。非常に心配な事態。「大事に至らないで済む」
出家して悟りを開くこと。
「―を思ひたたん人は」〈徒然・五九〉
[形動][文][ナリ]
価値あるものとして、大切に扱うさま。「大事な品」「親を大事にする」「どうぞ、お大事に」
重要で欠くことのできないさま。ある物事の存否にかかわるさま。「大事な用を忘れていた」「今が大事な時期だ」
大切(たいせつ)用法

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おおごと【大事】

重大な出来事。大事件。大変。 「このことが知れると-だ」 「 -にならずにすんだ」

だいじ【大事】

[1][3] ( 名 )
物事の根本にかかわるような重要なこと。一大事。 ↔ 小事 「国家の-」 「お家の-」
大事業。また、大それたくわだて。 「 -を決行する」 「 -を企てる」
大変な事件。深刻な出来事。 「 -を引き起こす」 「 -には至らなかった」
〘仏〙 出家修行して悟りを開くこと。一大事。 「 -を思ひ立たん人は、去りがたく心にかからん事の本意を遂げずして、さながら捨つべきなり/徒然 59
技芸における真髄。秘伝。 「さて囃子はやしの-には/仮名草子・竹斎」
病気や傷が重いこと。重態。 「いと-にはあらねど/落窪 3
生死にかかわるような危険。 「頼家公御-とならんとき/浄瑠璃・近江源氏」
困難なこと。手ごわいこと。 「修行といふはいか程の-やらん、ためいてみん/平家 5
不都合。さしさわり。 「袴も着ずにこんな形なりで出るも…-あるまいか/歌舞伎・吾嬬鑑」 → だいじない
[0] ( 形動 ) [文] ナリ 
大切なさま。重要なさま。 「命の次に-な指輪」 「 -な話」
[3] 粗末に扱わないよう気をつけるさま。価値を認めて注意深く扱うさま。大切。 「体を-にする」 「部下を-にする」 〔「お大事に」の形で、相手の健康を祈る挨拶の言葉として、病床を辞去したり、手紙文の末尾に書き添えたりする場合に用いる〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

大事の関連キーワード木っ端を拾うて材木を流す鳶に油揚げをさらわれる大事の中に小事なし小を捨て大に就く大事の前の小事一旦緩急あれば長蛇を逸する何にも増して大事にかける命から二番目坊ちゃん育ち事なきを得る天下分け目親石・首石自ら持する小事は大事気振らひ継子傅き勿体無し後生大事

大事の関連情報