明史稿(読み)ミンシコウ

大辞林 第三版の解説

みんしこう【明史稿】

明朝の歴史を記した書。清の王鴻緒が勅命を受けて編集。1723年完成。本紀一九巻、志七七巻、表九巻、列伝二〇五巻、目録三巻。ただし本紀は未完成。勅定を経なかったために稿と称される。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大阪桐蔭高等学校

大阪府大東市にある男女共学の私立高校。1983年、大阪産業大学高等学校(現・大阪産業大学附属高等学校)の分校として設置され、1988年に現名称で独立した。神奈川県横浜市にある桐蔭学園高等学校とは無関係...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android