明史稿(読み)ミンシコウ

大辞林 第三版の解説

みんしこう【明史稿】

明朝の歴史を記した書。清の王鴻緒が勅命を受けて編集。1723年完成。本紀一九巻、志七七巻、表九巻、列伝二〇五巻、目録三巻。ただし本紀は未完成。勅定を経なかったために稿と称される。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

みんしこう ミンシカウ【明史稿】

中国の歴史書。三一〇巻。清の王鴻緒撰。一七二三年成立。明朝一代の歴史を記す。帝紀は完成をみなかった。稿と名づけたのは勅定を経なかったためである。正史明史はこの書に手を加えたもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android