コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

帝紀 ていき

6件 の用語解説(帝紀の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

帝紀
ていき

古事記』や『日本書紀』の原史料となった書物。奈良時代頃散逸したらしく,原形は伝わっていない。『帝皇日継』とも『先紀』とも『帝王本紀』とも呼ばれたらしい。天皇の名,その世系,后妃,皇子女の名,宮城の所在,治世中の事柄,天皇の年齢と治世年数,山陵の所在などが記されてあったと思われる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ていき【帝紀】

天皇の系譜の記録。古事記日本書紀の編纂(へんさん)の際、旧辞(きゅうじ)とともに原史料とされたと伝えられる。帝皇日嗣(ていおうのひつぎ)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

帝紀【ていき】

天皇あるいは皇位継承を中心とする古代の伝承または史書。欽明天皇のころ,伝承・神話を集めた《旧辞(きゅうじ)》(〈くじ〉とも読む)とともに述作されたと考えられている。
→関連項目旧辞天皇記

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ていき【帝紀】

古事記》中・下巻は,歴代天皇の系譜やおもな事跡に関する簡単な記録と,歌謡を含む物語部分からなるが,前者が帝紀,後者が旧辞を指すというのが通説である。《古事記》序文中に〈帝皇の日継,先代の旧辞〉などと,系譜と旧辞が対応するごとくに書かれているからである。しかし《新撰姓氏録(しんせんしようじろく)》の例でわかるように,系譜は縁起的な物語をも含む。したがって帝紀とは《古事記》の八代の物語(中・下巻),旧辞とは神代巻を指すという新説も検討に値する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ていき【帝紀】

「古事記」「日本書紀」編纂の際、「旧辞きゆうじ」とともに原資料となったと伝える書。天皇の系譜を主内容としたもので、現在散逸して伝わらない。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

帝紀
ていき

古代における皇位継承の次第(しだい)を中心とした記録。「帝皇日継(ていおうのひつぎ)」ともいう。旧辞(くじ)とともに『古事記』『日本書紀』の編纂(へんさん)材料となった。帝紀や旧辞には異説が多く、内容にも出入り・異同が少なくなかったが、天武(てんむ)天皇はこれを整理して一つの正説を定めようとした。これが『古事記』編纂の動機となった。したがって帝紀の具体的な内容は『古事記』の記載から帰納的に推測される。すなわち天皇の名、皇居の所在、治世中の重要事項、后妃(こうひ)・皇子女の名、それに関する重要事項、天皇の享年、治世年数、山陵の所在などの諸項目にわたるが、歴代にすべてこれらが含まれていたのではなく、そのうちの若干を欠くこともあったと思われる。[黛 弘道]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の帝紀の言及

【国記】より

…《日本書紀》の推古28年(620)条に〈天皇記及国記,臣・連・伴造・国造・百八十部幷公民等本記を録す〉とある。内容は不明だが,《古事記》の原史料となった《帝紀》《旧辞》のうちの《帝紀》に《天皇記》が相当するとすれば,《国記》は《旧辞》で,神代以来の物語の集成かという。《天皇記》《国記》は蘇我大臣家に伝わり,645年(大化1)大臣家が焼かれたとき,《国記》のみは船恵尺(ふなのえさか)が救いだして中大兄(なかのおおえ)皇子に献上したというが残っていない。…

※「帝紀」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

帝紀の関連キーワード顕宗天皇孝安天皇孝霊天皇古事記流れを汲む古訓古事記古代天皇の秘密『古事記』忍之別皇子仲姫命

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone