コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

王鴻緒 おうこうしょ Wang Hong-xu; Wang Hung-hsü

1件 の用語解説(王鴻緒の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

王鴻緒
おうこうしょ
Wang Hong-xu; Wang Hung-hsü

[生]順治2(1645)
[没]雍正1(1723)
中国,清初の学者,政治家。婁県 (江蘇省松江県) の人。字は季友。号は儼斎,横雲山人。康煕 12 (1673) 年の進士。翰林院編修から侍講となり,同 21年明史編纂の総裁となる。のち収賄事件で失脚したが,やがて工部尚書に返り咲き,同 47年戸部尚書となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の王鴻緒の言及

【明史】より

…60年に及ぶこの間,多数の学者がこの事業に関与したが,とくに黄宗羲の弟子万斯同(ばんしどう)は,布衣の身分のままこれに参加し,史料の整理,体例の決定,原稿の作成などに大きな役割を果たした。万斯同の死後は王鴻緒(1645‐1723)がこれを引き継いだ。他の時代の官撰の正史に比して,歴史書としての水準は高く,明代史を知る基本文献の一つである。…

※「王鴻緒」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

王鴻緒の関連キーワード組合せアルキル基階乗基底数値積分スターリングの補間公式リーマン幾何学勃・歿・没三角数

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone