コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明子女王 めいしじょおう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

明子女王 めいしじょおう

源明子(みなもとの-めいし)

明子女王 あきこじょおう

1638-1680 江戸時代前期,後西(ごさい)天皇の女御。
寛永15年生まれ。池田光政の娘。母は松平忠直の娘寧子。高松宮好仁(よしひと)親王の養女となる。慶安4年後水尾天皇の第6皇子高松宮良仁(ながひと)親王と結婚。承応(じょうおう)3年良仁親王が後西天皇となったのにともない,女御となる。誠子(ともこ)内親王,長仁(おさひと)親王を生む。延宝8年7月8日死去。43歳。法号妙吉祥院

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

明子女王の関連キーワード長仁親王吉祥院愛宮

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android