明石 照子(読み)アカシ テルコ

20世紀日本人名事典の解説

明石 照子
アカシ テルコ

昭和期の女優 元・宝塚歌劇スター。



生年
昭和4(1929)年2月25日

没年
昭和60(1985)年12月31日

出生地
兵庫県

本名
松見 孝子(マツミ タカコ)

学歴〔年〕
伊作農〔大正3年〕卒

主な受賞名〔年〕
芸術祭賞〔昭和37年〕「火の鳥」,テアトロン賞〔昭和37年〕「火の鳥」

経歴
昭和16年に宝塚歌劇団入団。戦時中は工場で勤労奉仕に従事。戦後21年に「春のをどり」で正式に初舞台。星組の2枚目男役スターとして活躍した。愛称“テーリー”で親しまれ、新珠三千代、寿美花代、淀かほるらとともに30年代の宝塚黄金時代を築いた。代表作は「花の饗宴」「ジャワの踊子」「華麗なる千拍子」「火の鳥」など。37年「火の鳥」で芸術祭賞、テアトロン賞を受けた。同年10月、結婚のため退団。以後、東宝演劇部に所属し舞台にも立っていた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

明石 照子
アカシ テルコ


職業
女優

肩書
宝塚スター

本名
松見 孝子(マツミ タカコ)

生年月日
昭和4年 2月25日

出生地
兵庫県

学歴
伊作農〔大正3年〕卒

経歴
昭和16年に宝塚歌劇団入団。戦時中は工場で勤労奉仕に従事。戦後21年に「春のをどり」で正式に初舞台。星組の2枚目男役スターとして活躍した。愛称“テーリー”で親しまれ、新珠三千代、寿美花代、淀かほるらとともに30年代の宝塚黄金時代を築いた。代表作は「花の饗宴」「ジャワの踊子」「華麗なる千拍子」「火の鳥」など。37年「火の鳥」で芸術祭賞、テアトロン賞を受けた。同年10月、結婚のため退団。以後、東宝演劇部に所属し舞台にも立っていた。

受賞
芸術祭賞〔昭和37年〕「火の鳥」,テアトロン賞〔昭和37年〕「火の鳥」

没年月日
昭和60年 12月31日 (1985年)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android