コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明礬粘土 みょうばんねんど alum clay

1件 の用語解説(明礬粘土の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

明礬粘土

明礬が染み込んだ粘土.明礬(alum)は黄鉄鉱の酸化作用と水和作用によってできた硫酸の作用で,絹雲母から形成される[Blyth & De Freitas : 1974].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

明礬粘土の関連キーワード明礬石垢染みる鉄明礬カリ明礬クロム明礬焼明礬瀝青粘土アルーナイト明礬頁岩明礬炭

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone