明荷(読み)あけに

精選版 日本国語大辞典「明荷」の解説

あけ‐に【明荷】

〘名〙
またはむしろでつくった旅行用のつづら一種。角や縁に割り竹をつけ、ふたをあけやすくした。
※俳諧・七柏集(1781)「打かさねたる明荷跡つけ はまだ雫ながらに雨の月〈蓼太〉」
② 相撲の関取が場所入りのとき、支度部屋に運び込む身の回りの品を入れたつづら。〔歌舞伎有松染相撲浴衣(有馬猫騒動)(1880)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android