明荷(読み)あけに

大辞林 第三版の解説

あけに【明荷】

竹あるいはござで作った旅行用のつづら。角や縁へりに割り竹をつける。
関取が場所入りのとき、まわしや化粧まわしなどを入れて支度部屋に運び込むための入れ物。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android