関取(読み)せきとり

精選版 日本国語大辞典「関取」の解説

せき‐とり【関取】

〘名〙
① 相撲の力士の最上位の者。大関。
※俳諧・手挑灯(1745)中「相撲〈略〉関取、関脇、小結」
※随筆・胆大小心録(1808)一三八「『兄(あに)々』といふて、関とりも関分も、小どもあしらいした事じゃ」
② 幕内および十両力士の敬称。力士社会では紋服を着ることができ、まげも大銀杏(おおいちょう)に結う。《季・秋》
※読本・南総里見八犬伝(1814‐42)四「枢戸(くぐりど)(はた)と推ひらき関取在(を)る歟、と顔さし入るる」
③ 稲の栽培品種。実がやや細長く白米として白く光沢があり美味。伊勢国(三重県)の原産。
※玉塵抄(1563)五一「関吏はせきとりなどぞ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「関取」の解説

関取
せきとり

相撲(すもう)用語で、幕内および十両力士の敬称。

[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

知恵蔵「関取」の解説

関取

大相撲の力士幕内(定員42人)、十両(同28人)を指す「取」と、幕下以下三段目、序二段、序ノ口までの「力士養成員」の2種類に大別される。関取は資格者ともいわれて一人前の力士として扱われ、有給となる。羽織の着用や、の締め込み、化粧まわし大銀杏の結髪などが許される。部屋での生活でも付け人が付き、個室が与えられる。一方、力士養成員は若い者といわれ、修業中の身として原則無給大部屋での生活となる。ただし、相撲協会が定める大会の優勝者は、前相撲からではなく、幕下付け出しとして、15枚目格、または10枚目格からスタートする(学生相撲/アマチュア相撲)。

(根岸敦生 朝日新聞記者 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「関取」の解説

関取
せきとり

十両以上の力士のこと。幕下以下の付け人がつき,土俵入りに出場し,取りまわし,稽古まわし,さがりなども幕下以下とは違うものを用いる。さらに,大銀杏を結うことが許され,月給,褒賞金をもらえるようになる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android