星を列ぬ(読み)ホシヲツラヌ

大辞林 第三版の解説

ほしをつらぬ【星を列ぬ】

大勢が威儀を正して居並ぶ。 「たちそむる春の光と見ゆるかな-・ぬる雲の上人/風雅 春上

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ほし【星】 を 列(つら)

禁中に公卿、殿上人が列座する。転じて、多くの人が威儀を正して居並ぶ。
※風雅(1346‐49頃)春上・三「立初むる春の光と見ゆるかなをつらぬる雲の上人藤原兼実〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

八村塁

プロバスケットボール選手。ポジションはパワーフォワード、スモールフォワード。身長203センチメートル、体重104キログラム。アフリカ・ベナン共和国出身の父と日本人の母をもつ。1998年2月8日、富山県...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android