星月ノ井

デジタル大辞泉プラスの解説

神奈川県、鎌倉の観光名所として知られる10の井戸「鎌倉十井(じっせい)」のひとつ。虚空蔵堂の下に位置する。名称は、かつて周辺はうっそうと木が茂って暗く、井戸をのぞくと昼間でも星が見えたという言い伝えから。「星月夜ノ井」「星ノ井」ともいう。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android