コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

星目/星眼 ホシメ

デジタル大辞泉の解説

ほし‐め【星目/星眼】

目の角膜結膜にできる粟粒(あわつぶ)大の白い斑点。また、それができる病気。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

星目【ほしめ】

フリクテン

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の星目/星眼の言及

【角膜】より

…現在みられるのは,角膜上皮,角膜実質にできた瘢痕(はんこん)や血管新生による混濁である。フリクテンphlyctenは俗に星目ともいわれ,角膜輪部に小結節をつくり,潰瘍化して瘢痕を残して治癒する病気で,角膜や結膜に斑点ができる。結核アレルギーと考えられている。…

※「星目/星眼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

星目/星眼の関連キーワードハーシェル(Sir John Frederick William Herschel(1792―1871))ハーシェル(Sir Frederick William Herschel(1738―1822))シュトルーベ(Friedrich Georg Wilhelm von Struve)チャンドラー(Seth Carlo Chandler)R.トーマス・ヘンリー・E.C. エスピンカイロウドウケツカイメンヒッパルコス[ニカイア]フラムスティードカイロウドウケツツリガネカイメン天文学史(年表)ボン恒星目録ヒッパルコスピアッツィAG星表恒星目録ハリー腺病質ガルレ航法

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android