コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

星細胞腫 せいさいぼうしゅastrocytoma

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

星細胞腫
せいさいぼうしゅ
astrocytoma

星状細胞腫ともいう。神経膠腫の一種で,脳腫瘍のうち最も多く,全頭蓋内腫瘍の 10~15%を占める。神経膠細胞のうちの最も大型の星状膠細胞から生じた腫瘍で,比較的限局性発育の遅いものから,細胞の異型性が強く,浸潤増殖性の悪性多形膠芽細胞腫まで種々ある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

星細胞腫の関連キーワードびまん性星細胞腫後頭蓋窩腫瘍脳良性腫瘍脳悪性腫瘍脊髄腫瘍神経膠

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

星細胞腫の関連情報