星野光(読み)セイヤコウ

百科事典マイペディアの解説

星野光【せいやこう】

夜天光のうち星の光によるもの。ふつう空の1°×1°四方の中のすべての星の明るさの総和を10等星の個数に換算し,S1(/0)を単位として表す。星野光の明るさは天球上の位置によって異なり,たとえば銀河中心の方向では約1000S1(/0)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せいやこう【星野光 integrated starlight】

夜天光の一成分で,星の集積光。星野光の明るさは天球上の位置によって異なり,通常は空の1゜四方の中のすべての星の明るさの総和を,10等星の個数(単位S10)に換算して表す。銀河中心の方向は約1000S10,銀河両極付近は35S10である。星野光の主要部分は肉眼で見えない10~13等星からの光で,肉眼星の集積光は全体の10%程度である。星野光の分布は,銀河構造の解明の一つの手がかりとなる。【田鍋 浩義】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

せいやこう【星野光】

夜天光の一成分。多数の恒星や星雲から発する光の集まり。その明るさは天球上の位置によって異なる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android