姫女菀(読み)ヒメジョオン

デジタル大辞泉「姫女菀」の解説

ひめ‐じょおん〔‐ヂヨヲン〕【姫女×菀】

キク科越年草。高さ30~60センチ。全体にハルジョオンに似るが、茎は中空ではなく、花期も遅い。6~10月、白色あるいは淡紫色の頭状花を多数つける。北アメリカの原産で、明治初年ごろ渡来・帰化し、道端などにみられる。 夏》「―しろじろ暮れて道とほき/月草

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版「姫女菀」の解説

姫女菀 (ヒメジョオン)

学名Erigeron annuus
植物。キク科の越年草

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android