春日井建(読み)かすがい けん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

春日井建 かすがい-けん

1938-2004 昭和後期-平成時代の歌人。
昭和13年12月20日生まれ。父の春日井瀇(こう)が主宰する「短歌」に作品をよせる。昭和33年発表の「未青年」50首が三島由紀夫の絶賛をうける。父没後の54年から「短歌」を継承,主宰する。ロマン性のたかい歌風で知られ,平成10年「高原抄」ほかで短歌研究賞,12年「友の書」「白雨」で迢空(ちょうくう)賞。平成16年5月22日死去。65歳。愛知県出身。南山大中退。歌集に「行け帰ることなく」「青葦」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

春日井建の関連情報