コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

春日宅成 かすがの やかなり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

春日宅成 かすがの-やかなり

?-? 平安時代前期の官吏。
天安3年(859)から5度渤海(ぼっかい)通事に任命され,その間唐(中国)にもわたる。園池正(そのいけのかみ)などをへて元慶(がんぎょう)2年大隅守(おおすみのかみ)となった。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

春日宅成

生年:生没年不詳
平安前期の官人。貞観1(859)年2月,同3年1月,同14年1月,元慶1(877)年2月,同年6月にそれぞれ渤海通事に任命されており,語学面での活躍が目立つ。「昔大唐に往くに,多く珍宝をみる」(『三代実録』)と語っているように,入唐したことが知られ,円仁の『入唐求法巡礼行記』所出の,新羅人から船を買って帰国しようと算段した「春太(大とも)郎」,あるいは貞観5年1月,唐人陳泰信の円珍あて書状にみえる「播州少目春太郎」は,春日太郎の唐風呼称でいずれも宅成のことと考えられている。春太郎には宗健という子がおり,中国人と交渉を持っていたことも知られる。元慶2年,大隅守となる。<参考文献>小野勝年『入唐求法巡礼行記の研究』

(瀧浪貞子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

春日宅成の関連キーワード貞観成年後見人7・13水害の仮設住宅さ走る貞観貞観時代岩井温泉石清水八幡宮勝尾寺天安

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone