コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

通事/通詞/通辞 ツウジ

デジタル大辞泉の解説

つう‐じ【通事/通詞/通辞】

[名](スル)
通訳。特に、江戸時代、外国貿易のために平戸・長崎に置かれた通訳兼商務官唐通事オランダ通詞があった。通弁。
民事訴訟で、言葉の通じない陳述人のために通訳を行う者。刑事訴訟では通訳人という。
間に立って取り次ぐこと。また、その人。
「お手が鳴らば猫までに―させよ」〈浮・男色大鑑・八〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

通事/通詞/通辞の関連キーワードカピタン(日本史)長崎県長崎市興善町稽古通事・稽古通詞通事・通詞・通辞大通事・大通詞唐通事会所日録小通事・小通詞魏五左衛門真栄平房昭ロドリゲス小笠原一庵通事∥通詞唐蛮貨物帳華夷通商考通事/通詞平井希昌垂水広人岡島冠山鞍作福利阿部真造

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android