コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

昭平入道親王 あきひらにゅうどうしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

昭平入道親王 あきひらにゅうどうしんのう

954-1013 平安時代中期,村上天皇の第9皇子。
天暦(てんりゃく)8年生まれ。母は左大臣藤原在衡(ありひら)の娘正妃(せいひ)。貞元(じょうげん)2年親王宣下(せんげ),ついで常陸太守となる。永観2年園城寺で出家,のち岩倉大雲寺にうつり,岩倉宮,入道九宮(くのみや)と称した。能筆で知られる。長和2年6月28日死去。60歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

昭平入道親王の関連キーワードアゼルレッド2世気圧郭威マルカム1世ルイ4世(海外王)ルイ[4世]気圧気圧冊府元亀談合違約金減額決議と献金

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone