貞元(読み)ジョウゲン

日本の元号がわかる事典の解説

じょうげん【貞元】

日本の元号(年号)。平安時代、976年から978年まで(貞元3年までの3年間)、円融(えんゆう)天皇の代の元号。前元号は天延(てんえん)。次元号は天元(てんげん)。976年(天延4)7月13日に、火災、地震の凶事を振り払うために行われた改元である(災異改元)。円融天皇の治世は、外戚の藤原氏に実権があった。藤原氏内部の権力闘争に翻弄された時代でもあった。976年(貞元1)7月、円融天皇は内裏焼失後、新内裏造営のため、堀川(河)院(関白・藤原兼道(かねみち)第)に移り、翌年7月、新造内裏に還っている。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android