貞元(読み)ジョウゲン

  • じょうげん ヂャウゲン
  • じょうげん〔ヂヤウゲン〕
  • ていげん

日本の元号がわかる事典の解説

日本の元号(年号)。平安時代、976年から978年まで(貞元3年までの3年間)、円融(えんゆう)天皇の代の元号。前元号は天延(てんえん)。次元号は天元(てんげん)。976年(天延4)7月13日に、火災、地震の凶事を振り払うために行われた改元である(災異改元)。円融天皇の治世は、外戚の藤原氏に実権があった。藤原氏内部の権力闘争に翻弄された時代でもあった。976年(貞元1)7月、円融天皇は内裏焼失後、新内裏造営のため、堀川(河)院(関白・藤原兼道(かねみち)第)に移り、翌年7月、新造内裏に還っている。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

平安時代、円融天皇の代の年号。天延四年(九七六)七月一三日に天変・地震などにより改元。貞元三年(九七八)一一月天元(てんげん)と改元された。関白藤原兼通・頼忠の時代。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android