コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貞元 ジョウゲン

デジタル大辞泉の解説

じょうげん〔ヂヤウゲン〕【貞元】

平安中期、円融天皇の時の年号。976年7月13日~978年11月29日。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じょうげん【貞元】

年号(976.7.13~978.11.29)。天延の後、天元の前。円融天皇の代。ていげん。

ていげん【貞元】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

じょうげん【貞元】

日本の元号(年号)。平安時代、976年から978年まで(貞元3年までの3年間)、円融(えんゆう)天皇の代の元号。前元号は天延(てんえん)。次元号は天元(てんげん)。976年(天延4)7月13日に、火災、地震の凶事を振り払うために行われた改元である(災異改元)。円融天皇の治世は、外戚の藤原氏に実権があった。藤原氏内部の権力闘争に翻弄された時代でもあった。976年(貞元1)7月、円融天皇は内裏焼失後、新内裏造営のため、堀川(河)院(関白・藤原兼道(かねみち)第)に移り、翌年7月、新造内裏に還っている。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

貞元の関連キーワード藤原重家(1)昭平入道親王源兼忠(1)泰善(2)藤原為頼為尊親王藤原広業石頭希遷藤原倫寧馬祖道一藤原定子東三条院鈴木重昌災異改元夕風秋近華厳経疏赤染衛門元長親王賀茂保憲ふ県石窟

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android