コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

昭通 しょうつう

2件 の用語解説(昭通の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

昭通【しょうつう】

中国,雲南省北東隅の都市。四川・貴州両省に近く,3省間の物資交流地。85万人(2014)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

昭通
しょうつう / チャオトン

中国、雲南(うんなん/ユンナン)省北東部の市。昭通地区の公署所在地。人口73万5693(2000)。烏蒙(うもう)山塊の西側にあり、古くから四川(しせん/スーチョワン)盆地への交通の要地として開け、漢代に朱提(しゅてい)県が置かれた。市の南西にある朱提山は良質の銀を多量に産出したことから、のちに良質の銀を朱提銀と称した。付近で産出する葉タバコの集散地で、褐炭(かったん)が豊富に埋蔵されている。陸路が四川省、貴州(きしゅう/コイチョウ)省に通じ、昆明(こんめい/クンミン)との間に定期航空路がある。市内には後漢(ごかん)時代に建立された孟孝(もうこうきょひ)、東晋(とうしん)時代に建てられた霍承嗣墓(かくしょうしぼ)壁画など史跡が多い。[青木千枝子・河野通博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

昭通の関連キーワード岳陽雲南省チベット語烏江常徳鉄嶺てん彝族荆州

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

昭通の関連情報