コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

是害房絵詞 ぜがいぼうえことば

1件 の用語解説(是害房絵詞の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ぜがいぼうえことば【是害房絵詞】

鎌倉末期の絵巻物。現在までに十数本が知られているが,最古の京都曼殊院蔵上下2巻本(1354書写か)の奥書によると,原本は1308年(延慶1)冬,磯長寺(大阪府南河内郡磯長村にあった寺か)において,《宇治大納言物語》に取材し,童幼教化のために作成されたものという。ただし《宇治大納言物語》は散逸して明確ではないが,近似の説話は《今昔物語集》巻二十の〈震旦ノ天狗智羅永寿,此朝ニ渡レル語〉である。これを改変した詞書(ことばがき)と絵とを交互に置く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

是害房絵詞の関連キーワード絵詞絵巻随身庭騎絵巻年中行事絵巻枕草子絵巻紫式部日記絵巻絵巻物男衾三郎絵詞三十六歌仙絵巻十二因縁絵巻

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone