コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇治大納言物語 うじだいなごんものがたり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宇治大納言物語
うじだいなごんものがたり

(1) 平安時代中期,宇治大納言と称された源隆国の編集した説話集。鎌倉,室町時代の諸書に内容の一部分が散見するのみで,現在散逸して伝わらない。『今昔物語集』の作者を隆国とする考え方から,その別名といわれたこともある。 (2) 『世継物語』 (一名『小世継』) という現存の説話集の別名。成立年未詳。 (3) 鎌倉時代に作られた擬古物語苔の衣』巻三が独立した書物として伝えられたときの書名。主人公の大納言が無常を感じ出家する話の一部である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

うじだいなごんものがたり〔うぢダイナゴンものがたり〕【宇治大納言物語】

平安後期の説話集。宇治大納言源隆国編。11世紀後半の成立。現存していないが、今昔物語と深い関連があったと推定される。
宇治拾遺物語と混同して呼んだ名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

宇治大納言物語【うじだいなごんものがたり】

平安時代の説話集。源隆国が編纂(へんさん)したとされる。早く散逸したと考えられ,内容の詳細は定かではない。11世紀中ごろの成立か。鎌倉時代成立の《宇治拾遺物語》の序文の記述などによれば,インド・中国・日本に伝わる種々の説話を雑纂形式に集成した説話集と推測される。後代説話文学への影響も著しく,《今昔物語集》《古本説話集》《宇治拾遺物語》などの有力な源泉となったと考えられている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

うじだいなごんものがたり【宇治大納言物語】

散逸説話集。源隆国作と伝えられる。平安後期成立。多くの書にその書名が引用され、「今昔物語集」「宇治拾遺物語」をはじめ、後代への影響が非常に大きい。また、「今昔物語集」「宇治拾遺物語」「世継物語」などの別称としても呼ばれ、相互の混同を引き起こした。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android