(読み)しん

精選版 日本国語大辞典「晉」の解説

しん【晉】

[一] 中国山西省の異称。
[二] 中国の王朝名。山西省汾水(ふんすい)流域に拠った周代の侯国。都は絳(山西省翼城県南西)。紀元前七世紀前半から強盛となり、山西の大半と河南北部を支配した。文公のとき中原覇者となり、楚と対立したが、のちに韓氏・趙氏・氏の三家に分割されて衰え、紀元前三七六年に滅びた。
[三] 中国の王朝名(二六五‐四二〇)。三国の魏に代わり、二六五年に権臣司馬炎(武帝)が建てた国。西晉と呼ばれる。都は洛陽。二八〇年、呉を併せて天下を統一したが、八王の乱と呼ばれる宗室間の紛争が起こり、折から強盛となった匈奴の劉曜らによって、三一六年に滅ぼされた。翌三一七年、王族司馬睿(しばえい)(元帝)が建業(南京)で即位し、東晉の時代となる。しかし、国力は弱く、四二〇年、将軍の劉裕の武帝)に滅ぼされた。

すすむ‐しん【晉】

(「晉」に「進む」の意があるところから) 中国の古代の国名「晉」を「秦(はたしん)」と区別していう語。〔随筆・夏山雑談(1741)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android