(読み)しん

  • すすむしん

精選版 日本国語大辞典の解説

[一] 中国山西省の異称。
[二] 中国の王朝名。山西省汾水(ふんすい)流域に拠った周代の侯国。都は絳(山西省翼城県南西)。紀元前七世紀前半から強盛となり、山西の大半と河南北部を支配した。文公のとき中原の覇者となり、楚と対立したが、のちに韓氏・趙氏・魏氏の三家に分割されて衰え、紀元前三七六年に滅びた。
[三] 中国の王朝名(二六五‐四二〇)。三国の魏に代わり、二六五年に権臣司馬炎(武帝)が建てた国。西晉と呼ばれる。都は洛陽。二八〇年、呉を併せて天下を統一したが、八王の乱と呼ばれる宗室間の紛争が起こり、折から強盛となった匈奴の劉曜らによって、三一六年に滅ぼされた。翌三一七年、王族の司馬睿(しばえい)(元帝)が建業(南京)で即位し、東晉の時代となる。しかし、国力は弱く、四二〇年、将軍の劉裕(宋の武帝)に滅ぼされた。
(「晉」に「進む」の意があるところから) 中国の古代の国名「晉」を「秦(はたしん)」と区別していう語。〔随筆・夏山雑談(1741)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android