コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

司馬睿 しばえいSi-ma Rui; Ssǔ-ma Jui

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

司馬睿
しばえい
Si-ma Rui; Ssǔ-ma Jui

[生]咸寧2(276)
[没]永昌1(322)
中国,東晋 (→) の第1代皇帝 (在位 317~322) 。字は景文。元帝。琅邪 (ろうや) 王司馬覲の子。初め東海王越の支配下にあり,越の意向によって永嘉1 (307) 年建康に鎮した。以後,王導をはじめとする北人名族江南の土着豪族の支持を得て次第に江南に勢力を固めていった。西晋最後の皇帝愍帝の死去が伝わると,推されて皇帝の位につき,東晋朝を建てた。しかしその王朝権力は弱かった。永昌1 (322) 年武将王敦反乱が起り,その勢力に押されたまま没した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

しばえい【司馬睿】

276~322) 中国、東晋の初代皇帝(在位317~322)。諡おくりなは元帝。司馬懿しばいの曽孫。西晋の滅亡後、北方の名族と江南の豪族の支持を得て建康(南京)に即位。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

司馬睿
しばえい
(276―322)

中国、東晋(とうしん)初代の皇帝(在位317~322)。諡(おくりな)は元帝。司馬懿(しばい)の曽孫(そうそん)で琅邪(ろうや)王に封ぜられ、八王の乱の末期、安東将軍となって下(かひ)(江蘇(こうそ)省)に鎮守し、揚州(ようしゅう)(華中東部)の軍権を統轄した。華北の混乱が激化すると307年、名臣王導の計で建(けんぎょう)(313年建康と改名、現南京(ナンキン)市)へ移鎮、亡命貴族や江南豪族を幕下に招いて勢力を固め、西晋が滅ぶと317年、晋王となって建武と改元するなど事実上の王朝体制をとり、翌年正式に即位して晋を再興し東晋王朝を開いた。貴族や豪族の力が強く、とくに琅邪郡(山東省)出身の王氏一族が内外に権をとったので、「王と馬とが天下を共にす」といわれた。劉隗(りゅうかい)らの側近を重用して帝権強化を図ったが、王導の従父兄(いとこ)王敦(おうとん)の反乱を招いて、乱中に憂死した。[安田二郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の司馬睿の言及

【元帝】より

…在位317‐322年。姓名は司馬睿(しばえい),廟号は中宗,宣帝司馬懿(しばい)の曾孫。八王の乱の末期,下邳(かひ)(江蘇省)に鎮守し幕府を開いて揚州(江蘇,浙江,安徽,江西)の軍事権を統轄した。…

※「司馬睿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

司馬睿の関連キーワード総合年表(北・東・東南アジア)晋(中国の王朝)晋[魏晋南北朝]元帝(晋)永嘉の乱司馬懿即位南京北方祖逖

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android