コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

晒し粉 サラシコ

デジタル大辞泉の解説

さらし‐こ【×晒し粉】

消石灰塩素を吸収させて作った白色の粉末。パルプ・繊維などの漂白、上・下水道の殺菌・消毒などに利用。クロルカルキ。カルキ。クロル石灰。
水にさらして白くした米の粉。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さらしこ【晒し粉】

水酸化カルシウム(消石灰)に塩素ガスを吸収させて得られる白色の粉末。水溶液は次亜塩素酸イオンにより強い酸化力をもち、漂白剤・消毒剤として広く用いる。カルキ。漂白粉。クロル石灰。クロルカルキ。
水でよく洗い白くした米の粉。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

晒し粉の関連キーワード水酸化カルシウム白玉粉寒晒し