コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

普寂 ふじゃく

1件 の用語解説(普寂の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

普寂 ふじゃく

1707-1781 江戸時代中期の僧。
宝永4年8月15日生まれ。浄土宗。伊勢(いせ)(三重県)真宗大谷派源流寺の秀寛の子。京都深草で浄土宗西山派の玄門の弟子となる。仏教学全般に通じ,華厳学では鳳潭(ほうたん)とならび称された。近江(おうみ)(滋賀県)守山浄土寺,京都長時院,江戸長泉院の住職をつとめた。天明元年10月14日死去。75歳。字(あざな)は徳門。著作に「天台三大部復真鈔」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

普寂の関連キーワード富士山藩学一覧アウラングゼーブドシテオス長崎派アウラングゼーブ同君連合鶴岡蘆水松平輝高伊丹椿園

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone