普愚(読み)ふぐ(英語表記)Po‐u

世界大百科事典 第2版の解説

ふぐ【普愚 Po‐u】

1301‐82
朝鮮,高麗末の僧,朝鮮臨済宗の祖。一名普虚。俗姓は洪,号は太古(おくりな)は円証。洪州の人。13歳で禅宗の門に入り,のち僧科に合格したが,これを捨て修業に努めた。1346年元に行き,臨済宗開祖18代の孫清珙からその法を伝えられ,48年帰国後は楊平郡の迷原荘,小雪庵(京畿道)で修業を重ねた。恭愍(きようびん)王の帰依を受け,56年王師となり,都で臨済宗教理を説法した。辛旽(しんとん)の迫害を受けたが,その失脚後国師に任ぜられた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android