コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

普愚 ふぐ Po‐u

1件 の用語解説(普愚の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ふぐ【普愚 Po‐u】

1301‐82
朝鮮,高麗末の僧,朝鮮臨済宗の祖。一名普虚。俗姓は洪,号は太古,諡(おくりな)は円証。洪州の人。13歳で禅宗の門に入り,のち僧科に合格したが,これを捨て修業に努めた。1346年元に行き,臨済宗開祖18代の孫清珙からその法を伝えられ,48年帰国後は楊平郡の迷原荘,小雪庵(京畿道)で修業を重ねた。恭愍(きようびん)王の帰依を受け,56年王師となり,都で臨済宗教理を説法した。辛旽(しんとん)の迫害を受けたが,その失脚後国師に任ぜられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

普愚の関連キーワード北朝鮮高麗高麗青磁高麗尺朝鮮牛朝鮮鐘高麗焼古朝鮮高麗鶯崔麟

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone