コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

普愚 ふぐPo‐u

世界大百科事典 第2版の解説

ふぐ【普愚 Po‐u】

1301‐82
朝鮮,高麗末の僧,朝鮮臨済宗の祖。一名普虚。俗姓は洪,号は太古(おくりな)は円証。洪州の人。13歳で禅宗の門に入り,のち僧科に合格したが,これを捨て修業に努めた。1346年元に行き,臨済宗開祖18代の孫清珙からその法を伝えられ,48年帰国後は楊平郡の迷原荘,小雪庵(京畿道)で修業を重ねた。恭愍(きようびん)王の帰依を受け,56年王師となり,都で臨済宗教理を説法した。辛旽(しんとん)の迫害を受けたが,その失脚後国師に任ぜられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

普愚の関連キーワード北条顕時アールパード朝後伏見天皇ハイドゥ(海都)北条貞時ワーツラフ3世アナーニ事件後二条天皇飛鳥井雅有花山院師賢

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android