コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

普通借家権 フツウシャクヤケン

デジタル大辞泉の解説

ふつう‐しゃくやけん【普通借家権】

借地借家法で定められた借家権の一つ。契約期間満了後、借り主が希望すれば契約が更新(法定更新)される。貸し主は、その賃貸物件を自分で使用する必要があるなどの正当な事由がなければ更新を拒絶できない。→定期借家権

ふつう‐しゃっかけん〔‐シヤクカケン〕【普通借家権】

ふつうしゃくやけん(普通借家権)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android