コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

定期借家権 ていきしゃくやけん

5件 の用語解説(定期借家権の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

定期借家権

賃貸住宅において期間を設定して契約し、その期間後は新たな契約をしない限り契約が完全に終了する権利形態。2000年3月、定期借家権を盛り込んだ良質な賃貸住宅等の供給の促進に関する特別措置法が施行された。この改正を受けて、従来は市場に出なかったファミリー向けの定期借家権を利用した賃貸住宅の供給が増加してきた。

(平井允 まちづくりプランナー / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ていき‐しゃくやけん【定期借家権】

借地借家法の規定により、契約期間の満了後、更新されることなく終了する借家権。貸し主と借り主が合意すれば再契約は可能。→法定更新定期借地権

ていき‐しゃっかけん〔‐シヤクカケン〕【定期借家権】

ていきしゃくやけん(定期借家権)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

定期借家権【ていきしゃっかけん】

建物の賃貸人・賃借人双方の合意にもとづき,契約で定めた期間の満了により,契約更新がなく終了する制度。1999年の法改正により,先行した定期借地権の住宅版として導入。
→関連項目借地借家法借家法

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ていきしゃっかけん【定期借家権】

契約時にあらかじめ借家期間を定め、期間満了時には正当な事由がなくても、貸主が契約の更新を拒否できることを前提とした借家権。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

定期借家権の関連キーワードサブリース高齢者円滑入居賃貸住宅高齢者専用賃貸住宅スケルトン賃貸住宅日本賃貸住宅管理協会更新料契約UR賃貸住宅特定優良賃貸住宅制度賃貸住宅管理業者登録制度国庫補助庶民賃貸住宅

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone