コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

定期借家権 ていきしゃくやけん

5件 の用語解説(定期借家権の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

定期借家権

賃貸住宅において期間を設定して契約し、その期間後は新たな契約をしない限り契約が完全に終了する権利形態。2000年3月、定期借家権を盛り込んだ良質な賃貸住宅等の供給の促進に関する特別措置法が施行された。この改正を受けて、従来は市場に出なかったファミリー向けの定期借家権を利用した賃貸住宅の供給が増加してきた。

(平井允 まちづくりプランナー / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ていき‐しゃくやけん【定期借家権】

借地借家法の規定により、契約期間の満了後、更新されることなく終了する借家権。貸し主と借り主が合意すれば再契約は可能。→法定更新定期借地権

ていき‐しゃっかけん〔‐シヤクカケン〕【定期借家権】

ていきしゃくやけん(定期借家権)

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

定期借家権【ていきしゃっかけん】

建物の賃貸人・賃借人双方の合意にもとづき,契約で定めた期間の満了により,契約更新がなく終了する制度。1999年の法改正により,先行した定期借地権の住宅版として導入。
→関連項目借地借家法借家法

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone