コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

定期借家権 ていきしゃくやけん

知恵蔵の解説

定期借家権

賃貸住宅において期間を設定して契約し、その期間後は新たな契約をしない限り契約が完全に終了する権利形態。2000年3月、定期借家権を盛り込んだ良質な賃貸住宅等の供給の促進に関する特別措置法が施行された。この改正を受けて、従来は市場に出なかったファミリー向けの定期借家権を利用した賃貸住宅の供給が増加してきた。

(平井允 まちづくりプランナー / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

百科事典マイペディアの解説

定期借家権【ていきしゃっかけん】

建物の賃貸人・賃借人双方の合意にもとづき,契約で定めた期間の満了により,契約更新がなく終了する制度。1999年の法改正により,先行した定期借地権の住宅版として導入。
→関連項目借地借家法借家法

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ていきしゃっかけん【定期借家権】

契約時にあらかじめ借家期間を定め、期間満了時には正当な事由がなくても、貸主が契約の更新を拒否できることを前提とした借家権。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

定期借家権の関連キーワード定期借家制度普通借家権事由貸主

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android