コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

普通感冒とインフルエンザ ふつうかんぼうといんふるえんざ

1件 の用語解説(普通感冒とインフルエンザの意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

ふつうかんぼうといんふるえんざ【普通感冒とインフルエンザ】

 俗にいう「かぜ」のことを正式には、かぜ症候群といいます。
「かぜ」の大部分はウイルスの感染でおこりますが、このうち、インフルエンザウイルスが感染しておこったものをインフルエンザ、それ以外のウイルスの感染でおこったものを普通感冒と呼び分けています。
 単に「かぜ」といった場合は、たいていは普通感冒のことを指しています。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

普通感冒とインフルエンザの関連キーワード風邪気味風の子玉風初風引風αS1カゼインカゼインミセル酸カゼインパラκカゼインヨードカゼイン

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone