インフルエンザウイルス(英語表記)influenza virus

デジタル大辞泉の解説

インフルエンザ‐ウイルス(influenza virus)

インフルエンザを起こすウイルスA型B型C型の3種類に大別される。A型とB型は伝播力が強く、大きな流行を起こすことがある。A型ウイルスは、ウイルスの表面に突出するヘマグルチニン(HA)とノイラミニダーゼ(NA)という二つの糖たんぱく質の種類が多様で、その組み合わせによって、H1N1などの亜型に分類される。変異を起こしやすく、人が免疫をもたない新型のウイルスが発生すると世界的な大流行(パンデミック)の原因となる。B型のHA、NA血清型は各1種類。
[補説]感染が呼吸器にとどまる弱毒性のものと、全身に広がる強毒性のものがある。人が感染するAソ連型(H1N1亜型)・A香港型(H3N2亜型)などの季節性インフルエンザや2009年に発生した新型インフルエンザ(H1N1A型)は弱毒性。鳥インフルエンザには弱毒性のもの(H7N2型など)と強毒性のもの(H5N1型など)がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

インフルエンザウイルス

ヒトに感染するものには、A型、B型、C型があり、それぞれウイルスを構成するたんぱく質が異なる。このうち、大きな流行になるのはA型とB型。 A型は、ウイルスの表面の突起の型が違う2種で、ソ連型(H1N1)と香港型(H3N2)。B型は、型は1種類だが、遺伝子の違いで「ビクトリア系統」と「山形系統」に分けられる。 同じ型、系統でも、流行するウイルスは毎年少しずつ変化する。このため、WHOは、世界中の研究機関から報告を受けて次のシーズンに流行するウイルスを予測し、どのウイルスを元にワクチンを作るべきかを示している。

(2019-01-10 朝日新聞 朝刊 山形・1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

百科事典マイペディアの解説

インフルエンザウイルス

1933年以降,各種の型が発見されているインフルエンザの病原体で,RNAウイルス。普通は球状であるが,連なって紐(ひも)状になることもある。補体結合抗原の差異によって歴史的にA,B,Cの3型に分類された。また流行のたびにHA,NAと呼ばれる血球凝集抗原が変異し,A型,B型は広範囲の流行を示す。特にA型はほぼ10年ごとに大変異を起こし,対応する免疫抗体のない人類間に大流行を起こしている。2009年3,4月にメキシコに端を発して世界的大流行となった豚インフルエンザはA型のH1N1亜型とされている。
→関連項目豚インフルエンザ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

インフルエンザ‐ウイルス

〘名〙 (influenza virus) 流行性感冒を起こすウイルス。A、B、C型の三種類がある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のインフルエンザウイルスの言及

【インフルエンザ】より

…流行性感冒,略して流感ともいわれ,インフルエンザウイルスによって起こる感染症の一つ。突然の発熱,頭痛,悪寒,だるさ,咳,筋肉痛などがあり,上気道,鼻腔,結膜などに炎症が起こる。…

【シアル酸】より

…すなわち,シアル酸は〈除去すべしという印〉をおおい隠す役目をしている。一方,インフルエンザウイルスは細胞膜のシアル酸を認識することによって細胞に吸着する。そのあとで,ウイルスが持っているノイラミニダーゼneuraminidase(シアル酸を切り離す酵素)の作用で,シアル酸の結合を切り,この時に起こる細胞表層の立体構造変化を利用してウイルスは細胞内に侵入すると考えられている。…

※「インフルエンザウイルス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

インフルエンザウイルスの関連情報