コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

普遍救済説 ふへんきゅうさいせつUniversalism

翻訳|Universalism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

普遍救済説
ふへんきゅうさいせつ
Universalism

神の普遍的な父性と愛を強調し,すべての魂の救済を信じる教説。死後の世界での罰は,魂が浄化され,神の前で永遠の生にふさわしくなるまでの間に限られるとする。キリスト教史上たびたびみられるが,後世に最も大きな影響を与えたのはアレクサンドリアオリゲネスである。組織的な運動は 18世紀中葉アメリカで始り,イギリスから移住した J.マレーによって進展した。彼はカルバン主義を緩和したが,18世紀末にカルバン主義を拒否する H.バルーが指導者となり,神についてのユニテリアン派の考えが導入された。以後アメリカ・ユニバーサリスト教会と,アメリカ・ユニテリアン協会との立場の共通性が認識され,1961年ユニテリアン・ユニバーサリスト協会が結成された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android