コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

景初4年銘鏡 けいしょよねんめいきょう/けいしょ4ねんめいきょう

知恵蔵の解説

景初4年銘鏡

京都府福知山市の4世紀末頃の前方後円墳・広峰15号墳で1986年に発見された、「初4年」などの銘文がある盤竜鏡(直径17cm)。三角縁神獣鏡の仲間で、その後、兵庫県西宮市辰馬考古資料館でも、同じ鋳型による鏡の所蔵が分かった。「景初」は中国・魏の年号だが4年はなく、鏡の製作地などの論争が起きた。

(天野幸弘 朝日新聞記者 / 今井邦彦 朝日新聞記者 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

景初4年銘鏡の関連キーワード京都府福知山市

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android