コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

景初4年銘鏡 けいしょよねんめいきょう/けいしょ4ねんめいきょう

1件 の用語解説(景初4年銘鏡の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

景初4年銘鏡

京都府福知山市の4世紀末頃の前方後円墳・広峰15号墳で1986年に発見された、「景初4年」などの銘文がある盤竜鏡(直径17cm)。三角縁神獣鏡の仲間で、その後、兵庫県西宮市辰馬考古資料館でも、同じ鋳型による鏡の所蔵が分かった。「景初」は中国・魏の年号だが4年はなく、鏡の製作地などの論争が起きた。

(天野幸弘 朝日新聞記者 / 今井邦彦 朝日新聞記者 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

景初4年銘鏡の関連キーワード生野古墳前方後円墳福知山市福知山線福知山盆地福知山百舌鳥古墳群双子塚後円部

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone