暑さ寒さも彼岸まで(読み)アツササムサモヒガンマデ

  • あつさ
  • 寒(さむ)さも彼岸(ひがん)まで
  • 暑(あつ)さ寒(さむ)さも彼岸(ひがん)まで
  • 暑さ

大辞林 第三版の解説

暑さも寒さも春秋の彼岸のころにはやわらいで、しのぎやすくなる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

残暑のきびしさも秋の彼岸ともなればめっきり衰え、余寒のきびしさも春の彼岸ごろにはいちだんと薄らぐものだの意。暑い寒いも彼岸まで。〔諺苑(1797)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ことわざを知る辞典の解説

きびしい残暑もいつまでも続くわけではなく、秋の彼岸ともなればしのぎやすくなるし、冬の寒さも春の彼岸ころにはやわらいでくる。

[使用例] 「熱い寒いも彼岸まで」とは土地の人のよく言うことだが、彼岸という声を聞くと、ホッと溜め息が出る[島崎藤村*千曲川のスケッチ|1912]

[解説] 正岡子規の句「毎年よ彼岸の入りにさむいのは」は、母親がつぶやいた言葉をそのまま採句したものといわれますが、このことわざを踏まえたものでしょう。

〔異形〕暑さ寒さも彼岸ぎり

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

暑さ寒さも彼岸までの関連情報