コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

残暑 ザンショ

デジタル大辞泉の解説

ざん‐しょ【残暑】

立秋を過ぎてもなお残るさ。 秋》「草の戸の―といふもきのふけふ/虚子

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ざんしょ【残暑】

立秋の後まで残る暑さ。 「 -が厳しい」 [季] 秋。 《 山の宿-といふも少しの間 /虚子 》

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

残暑
ざんしょ

暦のうえでになっても残る暑さ。立秋後の暑さをいう。残暑は稲作にとって望ましい天である。この反対は早冷で、不作の一つの原因となる。陰暦の7月の異名を「餞暑(せんしょ)」というが、その意味はやはり残暑である。秋の季語。[根本順吉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

残暑の関連キーワード暑・緖・署・諸・処・初・嶼・庶・所・暑・曙・書・緒・署・蔗・薯・處・諸残暑見舞い・残暑見舞暑中見舞い・暑中見舞暑さ寒さも彼岸まで余炎・余焔・余焰夏(なつ)暖候期予報根本順吉暑中見舞残暑見舞厳しい秋暑し牛部屋処暑季語9月冷害秋雨秋暑余炎

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

残暑の関連情報