残暑(読み)ザンショ

大辞林 第三版の解説

ざんしょ【残暑】

立秋の後まで残る暑さ。 「 -が厳しい」 [季] 秋。 《 山の宿-といふも少しの間 /虚子 》

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

残暑
ざんしょ

暦のうえで秋になっても残る暑さ。立秋後の暑さをいう。残暑は稲作にとって望ましい天である。この反対は早冷で、不作の一つの原因となる。陰暦の7月の異名を「餞暑(せんしょ)」というが、その意味はやはり残暑である。秋の季語。[根本順吉]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ざん‐しょ【残暑】

〘名〙 秋にはいってなお残る夏の暑さ。立秋後の暑さ。《季・秋》
※釈氏往来(12C後)七月日「残暑未尽、如蒸如焚」
※無言抄(1598)下「扇を置 残暑にも秋なり」 〔白居易‐曲江早秋詩〕
[補注]歌題としては、「永久百首‐秋」から見える。「残暑」の歌題の本意については、「六百番歌合‐秋上」の判詞に、秋とは名ばかりの暑さの中で、一抹の涼しさを求める心情を詠むことに本意があるという見解が示されている。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

残暑の関連情報