残暑(読み)ざんしょ

精選版 日本国語大辞典「残暑」の解説

ざん‐しょ【残暑】

〘名〙 秋にはいってなおる夏の暑さ立秋後のさ。《季・秋》
※釈氏往来(12C後)七月日「残暑未尽、如蒸如焚」
※無言抄(1598)下「 残暑にも秋なり」 〔白居易‐曲江早秋
[補注]歌題としては、「永久百首‐秋」から見える。「残暑」の歌題の本意については、「六百番歌合‐秋上」の判詞に、秋とは名ばかりの暑さの中で、一抹の涼しさを求める心情を詠むことに本意があるという見解が示されている。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「残暑」の解説

残暑
ざんしょ

暦のうえで秋になっても残る暑さ。立秋後の暑さをいう。残暑は稲作にとって望ましい天である。この反対は早冷で、不作の一つの原因となる。陰暦の7月の異名を「餞暑(せんしょ)」というが、その意味はやはり残暑である。秋の季語。

根本順吉

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「残暑」の解説

ざん‐しょ【残暑】

立秋を過ぎてもなお残る暑さ。 秋》「草の戸の―といふもきのふけふ/虚子
[類語]猛暑暑気酷暑極暑激暑厳暑炎暑大暑暑熱炎熱酷熱熱波温気向暑焦熱極熱灼熱暑さ暑い蒸し暑い暑苦しい焼け付く蒸すいきれ人いきれ草いきれむんむんむしむしする

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「残暑」の解説

【残暑】ざんしよ

夏すぎての暑さ。成大〔西楼秋晩〕詩 殘(家の梁の燕)に隨ひて去り 小春、應(まさ)に棠の爲に來(きた)るべし

字通「残」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android