余寒(読み)ヨカン

大辞林 第三版の解説

よかん【余寒】

立春後の寒さ。寒かんが明けてまだ残る寒さ。残寒。 [季] 春。 《 鎌倉を驚かしたる-あり /虚子 》

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

余寒
よかん

暦のうえの二十四節気の一つの大寒が明けて以後、すなわち2月4日ごろの立春以後の寒さをいう。俳諧(はいかい)での「春寒し」というのとおよそ同じである。日差しは日ごとに強くなっていくのに、暖かさがこれに伴いかねるような寒さである。[根本順吉]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

よ‐かん【余寒】

〘名〙 立春後の寒さ。寒があけてもまだ続く寒さ。残寒。《季・春》
※懐風藻(751)初春在竹渓山寺於長王宅宴追致辞〈釈道慈〉「驚春柳雖変、余寒在単躬
※高野本平家(13C前)灌頂「きさらぎやよひの程は風はげしく、余寒(ヨカン)もいまだつきせず」 〔陸游‐三月廿一日作詩〕

よ‐さむ【余寒】

〘名〙 寒さが残っていること。大寒が過ぎたり、立春が過ぎたりしたのに、まだ残っている寒さ。また、その時節。よかん。
※春雨文庫(1876‐82)〈松村春輔〉一「老婆に話すうち老婆は茶を入れ餠など焼て出すは二月末の余寒(ヨサム)のころなり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

プレッパー

非常事態に備え、食糧や自衛のための武器・弾薬などを過度に備蓄している人のこと。「備える(prepare)」から生まれた言葉で、2012年現在では米国に最も多く存在し全米で300~400万人にのぼるとみ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android