彼岸(読み)ひがん

精選版 日本国語大辞典「彼岸」の解説

ひ‐がん【彼岸】

〘名〙
① (pāramitā 波羅蜜多を漢語として意訳した「到彼岸」の) 仏語。絶対の、完全な境地、悟りの境界に至る修行。また、その悟りの境地。生きているこの世を此岸(しがん)として、目標となる境界をかなたに置いたもの。〔勝鬘経義疏(611)〕 〔大智度論‐一二〕
② 春秋二季の彼岸会(ひがんえ)。また、その法要の七日間。俳諧では、秋の彼岸を「後の彼岸」「秋の彼岸」という。《季・春》
※蜻蛉(974頃)中「つれづれとあるほどに、ひがんにいりぬれば」
③ 向こう側の岸。転じて、(こちら側の)人間的な世界に対して、それを超越した世界をいう。⇔此岸(しがん)
※浄瑠璃・釈迦如来誕生会(1714)三「ひがんしがんの柳の髪は長く乱るれど」
④ 植物「ひがんざくら(彼岸桜)」の略。
※落語・廓の夜桜(1900)〈六代目桂文治〉「東台(うへの)彼岸桜(ヒガン)が」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「彼岸」の解説

ひ‐がん【彼岸】

《〈梵〉pāramitāの訳「到彼岸」から》
仏語。生死の迷いを河・海にたとえた、その向こう岸。悟りの境地をいう。⇔此岸しがん
彼岸会ひがんえ」の略。 春》
雑節の一。春分の日秋分の日をそれぞれ中日とする各7日間。春の彼岸と秋の彼岸。
向こうがわの岸。
「蛍は…スウと遠く—の葦間に消えた」〈木下尚江良人の自白
[類語](4向こうあちらあっち彼方あなた彼方かなたこちらこっちそちらそっち

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本文化いろは事典「彼岸」の解説

彼岸

春分の日(3月20日頃)と秋分の日(9月23日頃)を中日〔ちゅうにち〕として前後3日間の7日間のことを「彼岸」といいます。そして初日を「彼岸の入 り」といい、最終日を「彼岸の明け」と呼んでいます。地方によって若干の違いはありますが、先祖を供養し、ぼた餅おはぎ、お団子や海苔巻き、いなり寿司 などを仏壇に供えます。

出典 シナジーマーティング(株)日本文化いろは事典について 情報

百科事典マイペディア「彼岸」の解説

彼岸【ひがん】

春分秋分の日を中央にはさむ7日間。雑節の一つ。初日を彼岸の入り,春分・秋分を彼岸の中日(ちゅうにち),終日を彼岸のあけという。昼夜の長さがほぼ等しく,〈暑さ寒さも彼岸まで〉の諺(ことわざ)がある。→彼岸会
→関連項目魂祭牡丹餅六波羅蜜

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「彼岸」の解説

ひがん【彼岸】

春分秋分を中日として,その前後おのおの3日にわたる1週間を〈お彼岸〉と称し,この期間に寺院では彼岸会という法会を行い,信者は寺に参詣し,説法聴聞,また墓参などをする。このような習俗はインド,中国にもみられず,日本にしかない。彼岸の語はふつうサンスクリットpāramitā(波羅蜜多)の訳〈到彼岸〉の略とされ,仏教に由来する行事とするが,太陽信仰に関係があり,〈日の〉から〈日願(ひがん)〉になったと推定する五来重の説もある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の彼岸の言及

【あの世】より

…あの世・この世は仏教でいう彼岸・此岸に対応する語であり,その意味であの世は極楽・浄土または地獄をさす。一般にはもっと漠然と死後の世界,この世とは別の場所の意に用いられる。…

※「彼岸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

漁夫の利

《シギとハマグリが争っているのを利用して、漁夫が両方ともつかまえたという「戦国策」燕策の故事から》両者が争っているのにつけ込んで、第三者が利益を横取りすることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android