コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

暫定税率 ざんていぜいりつprovisional tariff

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

暫定税率
ざんていぜいりつ
provisional tariff

外国との貿易において,国内産業事情などの観点から一時的に基本税率を修正する必要が生じた場合に,一定期間,基本税率に代って適用される税率。関税暫定措置法により定められる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ざんてい‐ぜいりつ【暫定税率】

暫定的に決めた税率。関税率において輸入品に対して暫定措置として定めた税率。また、ガソリン税において、本則税率とは別に期限を切って上乗せされる税率のこと。→実行税率揮発油税

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

暫定税率の関連情報