コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

暫定税率 ざんていぜいりつ provisional tariff

2件 の用語解説(暫定税率の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

暫定税率
ざんていぜいりつ
provisional tariff

外国との貿易において,国内産業事情などの観点から一時的に基本税率を修正する必要が生じた場合に,一定期間,基本税率に代って適用される税率。関税暫定措置法により定められる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ざんてい‐ぜいりつ【暫定税率】

暫定的に決めた税率。関税率において輸入品に対して暫定措置として定めた税率。また、ガソリン税において、本則税率とは別に期限を切って上乗せされる税率のこと。→実行税率揮発油税

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

暫定税率の関連キーワード緊急関税互恵関税実行税率最高最低税率主義抱合せ特恵税率基本税率国定税率関税割当て(制度)軽油引取税の暫定税率

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

暫定税率の関連情報