コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曇らふ クモラウ

デジタル大辞泉の解説

くもら◦う〔くもらふ〕【曇らふ】

[連語]《動詞「くも(曇)る」の未然形+反復継続の助動詞「ふ」。上代語》空一面に曇る。
「はなはだも降らぬ雪故こちたくも天つみ空は―◦ひにつつ」〈・二三二二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くもらう【曇らふ】

( 連語 )
〔動詞「くもる」に継続の助動詞「ふ」の付いたもの〕
あたり一面くもっている。 「天つみ空は-・ひにつつ/万葉集 2322

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

曇らふの関連キーワード万葉集連語