コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曇る クモル

デジタル大辞泉の解説

くも・る【曇る】

[動ラ五(四)]《「雲」の動詞化》
空が、雲や霧などで覆われる。「どんよりと―・る空」
透明な物や光っていた物などが、他の物に薄く覆われたりさえぎられたりして、よく見通せない。輝きのない状態になる。「鏡が―・る」「涙で目が―・る」
悲しみや心配事のために、心や顔つきなどに明るさが失われて沈んだ状態になる。「悲しげに―・った表情」「声が―・る」
容姿などが地味すぎて映えない。
「御容貌(かたち)など、いと華やかにここぞ―・れると見ゆるところなく」〈初音
能で、能面が少し下向きになる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くもる【曇る】

( 動五[四] )
〔「雲」の動詞化〕
雲が出て、空を覆う。 「急に-・ってきた」
鏡・ガラスなどが光をよく通したり反射したりしなくなる。 「湯気で鏡が-・る」 「眼鏡が-・る」
不安・心配・悲しみなどで心がふさぐ。また、そういう気持ちが表情や声などに現れて、明るさを失う。 ↔ 晴れる 「姉の顔が悲しげに-・る」 「涙で声が-・る」 「ココロガ-・ル/日葡」
光や色が鮮明でなくなる。物が輝きやつやを失う。 「御かたちなどいと花やかに、ここぞ-・れると見ゆるところなく/源氏 初音
涙などで、かすんで見える。 「涙に-・る玉のはこかな/源氏 夕霧
〔「面おもて曇る」の略〕 能で、顔をややうつむけにして、愁い・悲しみ・嘆きなどの感情を表現する型をいう。 ↔ 照る

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

曇るの関連キーワード掻き曇る・搔き曇る浮き立つ・浮立つ曇り勝ち・曇勝ちとの曇り・との曇坂下(三重県)霜曇り・霜曇デフォッガー夕曇り・夕曇坂は照る照る棚曇り・棚曇木更津甚句掻き・搔き間の土山天霧らふ掻き垂る大竹省二どんみり差し曇る二百十日八十八夜

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

曇るの関連情報