コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曇摩流支 どんまるしDharmaruci

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

曇摩流支
どんまるし
Dharmaruci

西域出身の僧。律蔵を学んだが,弘始7 (405) 年に中国の長安に来て,鳩摩羅什 (くまらじゅう) とともに『十誦律』の翻訳にたずさわった。ほかに同名異人で南インドの生れで,中国に来て景明2 (501) 年より洛陽の白馬寺で経典の翻訳に従事した僧がいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android