コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曲【ろく】 きょくろく

百科事典マイペディアの解説

曲【ろく】【きょくろく】

円椅(えんい),交椅俗称鎌倉時代に宋よりもたらされた。室町〜近世初期にかけて茶会などで盛んに使われたが,江戸時代以降は法要などで導師が用いるようになった。曲がった木材を交差させ,折りたたみ式で座部に革を張り,朱・黒塗が多い。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

曲【ろく】の関連キーワード椅子

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android